忍者ブログ
競馬予想 無料 1月 中山競馬場開催 京成杯についての情報掲載☆レースデータ分析も公開中!
2017/04
< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

競馬予想 無料 京成杯 歴史


  • 1961年 - 中山競馬場の芝外回り1600mの4歳(現3歳)限定の別定重量の重賞競走、京成杯として創設(創設当初の基本負担斤量は52キロ)。
  • 1970年 - 施行場を東京競馬場に変更。
  • 1971年 - 牡馬・騸馬の基本負担斤量が52キロから54キロに変更。
  • 1972年 - 流行性のインフルエンザの影響で中山競馬場の芝外回り1600mで順延開催。
  • 1980年 - 施行場を中山競馬場に戻す。
  • 1981年
    • 基本負担斤量が牡馬・騸馬54キロ、牝馬52キロから牡馬・騸馬55キロ、牝馬53キロに変更。
    • 嶋田功が騎手として史上初の連覇。
  • 1984年
    • 混合競走に指定。
    • グレード制施行によりGIIIに格付け。
  • 1988年 - 柴田政人が騎手として2人目の連覇。
  • 1990年 - 安田富男が騎手として3人目の連覇。
  • 1996年
    • 特別指定交流競走に指定され、地方馬は2頭まで出走可能となる。
    • 福島競馬場の改修工事の調整による代替開催により、東京競馬場の芝1600mで施行。
  • 1999年 - 施行距離を現在の芝2000mに変更。
  • 2001年 - 馬齢表示の国際基準への変更に伴い、出走資格が「4歳」から「3歳」に変更。
  • 2002年
    • 東京競馬場の改修工事の調整による代替開催により東京競馬場の芝2000mで施行。
    • ヤマニンセラフィムとローマンエンパイアが同着優勝。
  • 2003年
    • 基本負担斤量が牡馬・騸馬55キロ、牝馬53キロから牡馬・騸馬56キロ、牝馬54キロに変更。
    • 蛯名正義が騎手として4人目の連覇。
  • 2005年 - 横山典弘が騎手として5人目の連覇。
  • 2007年 - 国際セリ名簿基準委員会(ICSC)の勧告により、重賞格付け表記をJpnIIIに変更。
  • 2008年 - 松岡正海が騎手として6人目の連覇。
  • 2009年 - 混合競走から国際競走に変更され、外国調教馬は8頭まで出走可能となる。それに伴い、重賞格付け表記をGIIIに戻す。


    タグ:競馬予想 無料 ゲーム
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Admin    Write    Res
忍者ブログ [PR]